このページの先頭です

体感型クリエイター支援活動『NPO heyho/ヘイホー』』

ホーム > heyho Blog > 活動記録 > 九州デザイナー学院にて【特別講演会】を実施いたしました。

heyho Blog

九州デザイナー学院にて【特別講演会】を実施いたしました。

 

9月21日に専門学校九州デザイナー学院にて特別講演会を行いました。
以下、福岡市へ提出した後援活動報告書から一部抜粋して掲載いたします。

【実施内容】 『ゲーム制作のお仕事~キャラクター制作編~』特別講演会
【実施日時】 2016 年 9 月21 日 9:20~16:30
【実施場所】 専門学校九州デザイナー学院
【主催】  NPO heyhoおよびFUnity
【参加対象】 専門学校九州デザイナー学院/イラストレーション学科およびマンガ学科生徒
【参加学生数】 約80 名

【関係者】
 <講演会講師>
  ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
   ・コミュニティエバンジェリスト/小林信行
   ・テクニカルアーティスト/京野光平
   ・アセットストアマネージャー/常名隆司
 <スタッフ>
  NPO heyho
  Funity
  学校担当者 九州デザイナー学院
 <後援>
  福岡市
  株式会社グッドラックスリー

 

【実施内容】
イラストレーターやキャラクターデザイナーまたは漫画家など、2D 系制作業を目指す学生を対象に、ゲームキャラクター制作現場の「業務環境予備知識」と、自身で制作したゲーム素材を個人販売できる「Unity アセットストアの紹介」を行いました。目的は「ゲーム業界に対しての就業選択肢視野を広げるため」および、マーケットへの参入機会を促す「個人制作物の収益化啓発」です。引いては、ゲーム業界の将来的活性化・発展を期待した、教育現場と開発側の相互利益も兼ねた内容として実施いたしました。
 

【内容詳細】
 ◇ゲームエンジンUnity とは
   ・Unity で制作されたゲームなどの紹介
   ・イラストレーターがゲーム制作に加わったオリジナル2D ゲームの紹介
 ◇ゲーム制作の流れ
   ・企画案からキャラクターデザイン依頼までの経緯を説明
   ・ゲームキャラクター制作における担当者との打合せについて
   ・キャラクターデザインに掛かるコスト感について
   ・受注にあたっての注意点
   ・他ゲームクリエイターとの分担業務説明 など
 ◇ゲームキャラクター制作について
   ・描くスキルとデザインするスキルの違い
   ・キャラクターを産み出す前の心構え
   ・発注における仕様書の確認事項
   ・キャラクターのデザイン設計について など
 ◇Unity アセットについて
   ・世界での利用状況を紹介
   ・現在日本で販売されている2D 素材販売物の紹介
   ・アセット作家のメリット紹介
   ・2D アセットの傾向を紹介 など
◆株式会社グットラックスリー人事担当者からの事業説明
   ・会社事業説明
   ・受注開発と自社開発との違いについて
   ・ 採用情報について

 

【講演会の様子】

九デゲーム特別授業.jpg

 

【アンケート結果】

九デゲーム特別授業2.jpg

九デゲーム特別授業3.jpg

 

投稿日 2016年11月01日 heyho

カテゴリー 活動記録  タグ 活動レポート , イベント

このページの先頭へ